悪質ユーザーに注意しよう

出会い系サイトには危険が付き物だという考えは常に持っておかなければいけません。顔の見えない人と知り合うわけですので、出会う人が全員安全ないい人ばかりとは限りません。特に男性は詐欺などの被害が多くなっていますので、自己防衛に努めましょう。

■真剣な出会いの場に潜む危険
出会い系サイトでは、多くの人が利用して、相手探しをしています。中には真剣に結婚相手を探していたりする人もいるでしょう。そんな人を狙って詐欺行為をしたり、悪質なことをするユーザーが居るのも事実です。
例えば、彼女を探している人のプロフィールからマイページに飛んで、思わせぶりなメッセージを送ってきます。内容はプロフィールで募集しているような相手を装っていますので、ついつい返事を出してしまうのです。そこから何度かやり取りをした後に、金銭を要求したり、いきなり会おうと誘ったりします。金銭を振り込ませるだけでなく、実際に会ってしまうと、美人局に遭ってしまったり、窃盗などの被害にもつながりますので、出会いは慎重にしましょう。また、トラブルが起こった時には、サイトの運営では扱いきれませんので早急に警察に通報することが大切です。

出会い系サイトでは、この被害が男性・女性問わず発生しています。どちらの場合もプロフィール画像には可愛かったりかっこ良かったり、とにかく万人受けするような写真を選んでいます。そして、妙に話が合ったりして、打ち解けたところで詐欺を働くのです。もちろんすべての利用者がそうであるとは言いません。中には真面目に出会いを求めている人もいます。一部の人がこういうマナー違反なことをすれば、そのサイトもなくなってしまう可能性があるのです。
こんな人に出会ってしまった時には、速やかに運営へ通報しましょう。すると、そのアカウントの調査がされ、利用停止処分などが下されます。

■ルールを守ってよい出会いを
恋人を募集している真剣な場所で、こういった悪質なユーザーが増えているのはとても悲しいことです。利用している人の気持ちをきちんと考えて欲しいものですが、利用する側も不審な気持ちを持つように心がけましょう。

関連記事